社会保険労務士(社労士)とは

Trying to explain

社会保険労務士は36協定や就業規則の作成(労働基準監督署)のほか、労働保険(労災保険は労働基準監督署・雇用保険は公共職業安定所)や社会保険(厚生年金は年金事務所・健康保険は全国健康保険協会)の手続きを事業主に代わって手続きをする国家資格者です。

 

※社会保険労務士が扱う身近な法律の一部抜粋

 ・労働基準法
 ・労働契約法
 ・労働者派遣法
 ・労働安全衛生法
 ・雇用保険法
 ・最低賃金法
 ・健康保険法
 ・国民年金法
 ・厚生年金保険法
 ・児童手当法
 ・介護保険法
 ・高年齢者雇用安定法
 ・男女雇用機会均等法

労務管理、年金、人事のエキスパート

社会保険労務士は、労働社会保険や労務管理の専門として、事業の発展と労働者の福祉の向上を幅広くサポート致します。

事業主や労働者の要望に応え、労働社会保険関係の法令やその取扱いに精通し、適切な労務、その他の労働社会保険に関する諸問題や年金のご相談、指導を行っております。

労働・社会保険に関する法令の円滑な実施を図ることで、事業の発達と労働者達の福祉向上を目的とした「社会保険労務士法」より定められています。

業務の内容は広範囲にわたりますので、職場や企業の悩みは、人を大切にする企業づくりの支援をしている、社労士にお任せください。