障害年金をお考えの方へ

  • 障害年金は、病気やけがが原因で、普段の生活に支障のある場合に支給される年金です。
  • うつ病、統合失調症の方、障害手帳をお持ちの方、脳疾患を経験、障害が残った方、人口透析を受けている方、など長期療養が必要で仕事や日常生活が著しく制限を受ける状態になったときなども含まれます。
  •  障害年金を受けられるのは、公的年金(国民年金、厚生年金、共済年金)に加入し一定の保険料納付要件を満たし、かつ、障害の状態などの障害年金の受給要件を満たしている方です。
  •  障害年金には、「障害基礎年金」「障害厚生年金」があり、障害の原因となった病気で65歳になるまでに初めて病院を受診した日(初診日)に、どの年金制度の被保険者であったかによって、受給する障害年金の種類が違ってきます。
  • 障害年金の時効は原則5年(2年)です。
  • 障害年金専門のスタッフが丁寧にご対応いたしますので、お早めにご相談ください。

 

kurumaisu_side4_oldwoman